• このエントリーをはてなブックマークに追加

簡単にできるカビ・湿気対策で梅雨を快適に!

おうちのカビや湿気に悩んでいませんか?

日本は高温多湿気候です。雨の日には部屋がじめじめっとしたり、カビ臭いニオイがすることも。そしてそんな状態のままでいると「お風呂」「壁」「カーテン」など、いろんなところにじわじわとカビが発生・・・梅雨時など雨が続く季節には特に、悩んだ経験ありませんか?

古い建物はカビが発生しやすい!

築20年以上が経過した建物では、壁の内側に湿気が蓄積されていて、壁や床などにカビが発生しやすくなっています。特にマンションでは気密性が高いため、一度カビが発生したことがある部屋はコマメな対策が欠かせなくなっています。でも、湿気やカビに悩まされるのは古い建物だけではありません。

新築の建物にも要注意!

新築戸建、新築マンションでは、建材やコンクリートに含まれる水分が少しずつ蒸発してくるため、常に湿気が多い状態です。「新築物件を購入、住み始めて1年もしないうちにカビを発生させてしまった!」なんていうことのないように、新築の部屋のお手入れには気を遣いたいものです。

「カビ・湿気対策」が不要の住まいはない!

新築の建物は数年でゆっくりと乾燥するといわれています。マンションなどで実際に築後数年たって結露などが出なくなるという例があります。しかし、欠陥住宅などではない、ごく普通の建物でありながら、湿気の状態が変わらないという建物も多いのです。結局、新築でも、築年数が古くても、どんな建物であってもカビや湿気対策は欠かせないようです。

カビや湿気は有害です!

家の中がじめっとしていたりカビが出てきたら、気分がへこんでしまうだけでなく、健康にもよくありません。アレルギーや真菌による病気にかかるだけでなく、発がん性も指摘されています。お年寄りにとっては肺炎、お子さんがいたら鼻炎やぜんそくなども心配です。

かんたんな対策だけでも効果あり!

本格的なカビ・湿気対策のためにはリフォームなどが必要な場合もあります。しかし、このサイトで紹介するような、とてもかんたんなカビ・湿気対策でも効果があります。また、防カビリフォームをしても、日々のカビ・湿気対策が不要になるわけではありません。日々のメンテナンスのコツを、しっかり覚えて実践しましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加